メインイメージ

「アパート」という言葉にどのような印象を受けますか。「家賃が安い」、「だから古い、汚い」、「貧乏」、「質素」などではないでしょうか。ともすれば「トイレも風呂も共同」など、より具体的なイメージかもしれません。
それはあながち間違いではないですし、ただ「すべて」を表しているともいえません。人が生きていくうえで欠かせない三つの要素、「衣食住」の「住」にあたるアパートは、さまざまな人のさまざまな「ニーズ」を受けて今でも進化を続けています家賃を抑えて安く暮らしたいという希望は、アパートによって確かに叶えられるものです。しかし、今のアパートはそれだけでは括れない新たな「魅力」を備えたものが増えてきています。「暮らし」に対する人のニーズはいくらでもありますから、それに応える物件が登場するのはごく自然なことなのです。
家賃の安さと快適性、そして個人の希望を叶える物件は、実は最近多数見られるようになりました。アパートやマンションは不動産事業者が直接経営しているケースもあれば、個人で経営している場合もあります。趣向を凝らしたアパートは、主にその大家さんが「こうしたら入居者が増えそうだ」ということで実践していることがほとんどです。それだけ、私たちの「住」に対するニーズが高まってきているということのあらわれとも言えるでしょう。
もし、家賃を考えて「妥協してアパートに暮らそう」と考えている人は、今すぐにその考えを改めましょう。「アパートだから仕方が無い」という考えは、今ではもう古いのです。アパートであれ、マンションであれ、自分の希望通りの物件は見つかるものです。そして、部屋を探して行くなかで、想像もしていなかった「ライフスタイル」のビジョンが突然開けることもあります。想定していなかった、或いは想像もしていなかった環境に、一気に心を奪われることもあるのです。そのような体験は、実際にいろいろな物件を見ることでしか得られない「気づき」の一種ですし、インターネットや書籍だけでは実感として得られないものでもあります。ただ、そのようにして決めた物件には「愛着」もわきますし、毎日がとても楽しく過ごせるようになることでしょう。
「この部屋は安いので汚い、安いので狭い、しかたがない」と毎日思っているようでは、日々が色あせたものになってしまうものです。ただ、近年では「家賃」と「個人にとっての環境のよさ」は全く比例しません。「何が理想的な環境なのか」ということが、多様化して細分化されているのです。それは住居を提供する側をも左右し、さまざまな価値観に合わせた物件の登場を促しました。ですから、「安いので狭い、汚い」と決めつけてしまっていては損なのです。予算に見合った、あなたに「最適」な物件は、必ずどこかにあるのです。探すことをやめてしまった瞬間に、それは一気に「非現実」となります。事情が許す限り、納得がいくまで探すことが、理想的な生活への第一歩となります。

Copyright© アパート暮らしの日々 All Rights Reserved.   dir